Company企業情報

トップメッセージ

これからも、
社会に
役立つ
仕事をしよう

代表取締役社長 山口 克昌代表取締役社長 山口 克昌

「これからは、社会に役立つ仕事をしよう」

戦後の昭和22年、創業者である織田史郎が50歳のとき、電力不足の向上と食糧増産のため農山村復興に役立つ小水力発電を建設すると決心しイームル工業は始まりました。自らの脚で水力地点調査から建設までを行い、中国地方を中心とした多くの農山村部の経済復興に貢献してまいりました。
あれから70年の時を超え、「電気を灯し経済復興する」から「再生可能エネルギーにより地球環境を守る」へ、目的は変化しつつも、水を愛し、水車と共に歩んできた創業者の想いと社会への貢献という目的に集ったイームル魂は現在でも引き継がれております。
2018年度にスタートした中長期経営計画「VISION80」では、さらなる企業価値向上を目標とし、創立80周年に向けた計画をスタートしました。【製品価値】【資産・資本価値】【持続性価値】の向上を柱として、「社員のやりがいと幸せを、お客様により良い製品とサービスを、協力会社と共に成長を、地域及び社会のさらなる発展を」目指し邁進してまいります。

「これからも、社会に役立つ仕事をしよう」

私たちイームル工業は、社員一丸となって豊かな社会を築きます。
今後ともご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

会社概要・沿革

会社概要

社名
イームル工業株式会社
代表者
山口 克昌
創立
1947年8月21日
資本金
5,000万円
従業員
114名(2020年4月1日現在、契約社員を含む)
事業内容
水力用発電機器および周辺機器の設計・製作・販売・修理
本社
〒739-0151 広島県東広島市八本松町原 10852-1
電話 : (082)429-2100(代)
FAX : (082)429-0614
敷地 : 26,344 m²
建物 : 7,790 m²
東京支店
〒141-0032 東京都品川区大崎2-5-15 明電舎 大崎別館1階
電話 : (082)429-2100(代)
FAX : (082)429-0614
主たる株主
株式会社明電舎、中国電力株式会社
主要取引先
電力会社様 県企業局様 市町村様
農業協同組合様 土地改良区様
重電機メーカー様 民間企業様

沿革

1947年
イームル商会設立 資本金 15万円
1950年
イームル工業に名称変更
1953年
南竹屋町本社建築移転
1958年
資本金800万円
1968年
八本松工場建設
1972年
本社を丹那町へ移転
1981年
資本金3,200万円
1982年
組立工場、水力試験室建設
1990年
本社建築、八本松へ移転
1994年
仕上工場、電気試験室建設
1997年
自動化設備倉庫建設
1997年
設立50周年
1997年
資本金5,000万円
1999年
太陽光発電装置設置(20kW)
1999年
水中タービン発電機(製造販売)ライセンス取得
2000年
ISO 9001認証取得
2004年
ISO 14001認証取得
2010年
機械製作工場建設
2015年
本工場建設、太陽光発電装置設置(100kW)
2017年
設立70周年

企業理念

私たちは、水を愛し、
無限の水エネルギーを利用して、
かけがえのない地球環境を守り、
豊かな社会を築きます。

私たちは、小さな水資源を有効活用し、
電気エネルギーを作り出す技術で、
地域の発展に貢献する
企業を目指します。

行動指針

私たちは真剣にお客様のことを考え
常に改善・改革を目指します。

親切

お客様満足、
心をこめた
サービス、
マーケットイン

進歩

改善、改革、
創意工夫、
マルチメディア・
テクノロジーの活用

真剣

仕事に対する
厳しさ、
品質、
コストの追及

親和

全員参加で
和の精神、
人間尊重

工場紹介(設備紹介)

  • 第一工場第一工場

    主に水車、入口弁の組立、検査の工場です。製品の受け入れ、出荷や制御盤の検査も行います。また、この工場の屋根に100kWの太陽光発電設備を設置し、再生可能エネルギーの発電にも貢献しています。

  • 第三工場第三工場

    主に機械加工をする工場で五面加工機、複合旋盤、立型旋盤、マシニングセンターなどの大型加工機械、二階建て方式の大型天井クレーンを設備した工場です。大型水車、入口弁の組立、検査も行います。

  • 水力試験室水力試験室

    水車ランナの性能開発において、実物と相似の模型水車を運転し、水車の設計性能の妥当性を検証する専用設備です。

組織図

組織図